ホーム > 大人の矯正

大人の矯正

大人の矯正 患者さんの負担を軽減するため目立ちにくく、痛みの少ない矯正装置を採用。
歯並びの悪さや噛み合わせでお悩みの方、ぜひ一度お気軽にご相談ください。

大人の矯正について

大人の矯正について 「矯正治療は子どもの時にするもの」というイメージをお持ちの方が多いかもしれませんが、大人になってからの矯正治療は年々需要が高まっています。
成人してからも口内環境が整っていれば、矯正治療は可能です。
歯並びや噛み合わせでずっとお悩みを抱えている方。矯正は気になるけど、見た目や痛みが気になり、踏み込めない方。ぜひ一度当院にお問い合わせください。
My矯正歯科では、見た目にも目立ちにくく、痛みの少ない矯正装置を使用しています。周りの人に気づかれず矯正をしたい方には、歯の裏側から行う「舌側矯正」という方法も選択肢の一つとしてご用意しています。
院長は日本矯正歯科学会の認定医で、矯正治療に豊富な実績がありますので、安心してご相談ください。
こんなお悩みをお持ちの方におすすめです
  • 噛み合わせが悪く、食事の時にうまく咀嚼できない
  • 歯並びや噛み合わせの影響で発音がうまくできない
  • 歯並びが悪く、虫歯や歯周病になりやすい
  • 乱れた歯並びが気になって思いきり笑えない
  • 就職や結婚など人生の節目に思い切って矯正しておきたい

大人の矯正で心がけていること

大人の矯正で心がけていること 当院では患者さんの負担を軽減するため、治療期間が短く、痛みの少ない矯正装置「セルフライゲーティングブラケット」を導入しています。
「ブラケット」はワイヤーを通すために歯の1本1本に取り付ける小さな装置を指します。従来のブラケットはワイヤーを通す際、ゴムや細いワイヤーを使用しており、歯が引っ張られるような痛みがあったり、装着に時間がかかったりしていました。
セルフライゲーティングブラケットの特徴
  • 1ブラケットにワイヤーを「カチッ」と挟むだけなので診察時間が短く患者さんの負担も軽減されます。
  • 2ブラケットの蓋の部分はクリップのようにバネが効き、歯に弱い力を継続的に伝えて歯を動かしていきます。
    痛みも少なく、治療期間の短縮にも繋がります。
  • 3当院のブラケットは「クリッピーC」という白いセラミック製で、歯になじみあまり目立ちません。
    より目立ちにくい物をご希望の方には、銀色のワイヤーではなく白いワイヤーを使用することも可能です。
    また、周りの人に矯正を知られたくない方や、お仕事などで人と接することが多い方などには、歯の裏側に矯正装置を取り付ける「舌側矯正」がおすすめです。

目立たない矯正治療

目立たない矯正治療 当院では、リンガル矯正(舌側矯正)も行っております。
リンガル矯正とは、歯の裏側に矯正装置を装着するので、矯正していることがバレません。
自分の歯並びが気になるけど、大人になってから矯正するのは、装置が見えて嫌だなと思っている方も多いと思います。
そのような方には、オススメの矯正治療です。
メリット
  • 矯正装置が見えないので、矯正をしていることがバレない
  • 歯の裏側に装置を装着するので、歯の表面のエナメル質を傷つけない
  • 通常の矯正に比べて、虫歯になりにくい
デメリットとしては、装着した当初は発音がしにくくなります。

大人の矯正治療Q&A

矯正に際して歯を抜かなければならないことはありますか?

子どもの頃からの矯正は、成長中の顎の骨をある程度コントロールできるので、抜歯の可能性を低く抑えられます。大人になってからの矯正は、成長が終わった顎の範囲内で歯を整列させていくものなので、抜かなければならない歯が出てくることもあります。

▲ページの上へ戻る

痛みはありませんか?

ないとは言い切れませんが、生活に支障が出るほどの痛みではないことが多いです。矯正装置を装着して2〜3日前後、長くても1週間ほど経つと当初の違和感は落ち着きます。主に痛みが出やすいのが、食事の際に物を噛む時ですが、柔らかいものを噛むと痛みは落ち着くことが多いです。

▲ページの上へ戻る

矯正装置は目立ちませんか?

目立ちにくい装置を使っていますが、どうしても見た目が気になる方には、歯の裏側から矯正する「舌側矯正」をおすすめしています。

▲ページの上へ戻る

My矯正歯科 電話番号 0120-611-402